不正送金等の犯罪被害につながるメールに注意【8月】

インターネットバンキングマルウェアに感染させるウイルス付メールに注意を!!

 JC3では、IT事業者、セキュリティ事業者、金融機関、警察などのJC3会員と協力して、不正送金の被害軽減に向けた分析を進めており、現在、主にインターネットバンキングマルウェア(DreamBot等)の感染拡大を目的としているメールが日本を標的として大量に送信されていることを把握しております。これらの悪質なメールは、添付ファイルを開くことにより、又は本文中のリンクをクリックすることにより、インターネットバンキングマルウェアへの感染等につながり、利用者は、金融機関関連情報が窃取されるなどにより、インターネットバンキングの不正送金などの犯罪被害にあうおそれがあります(DreamBotの詳細はこちら)。また、中には、リンクによってフィッシングサイトに誘導され、クレジットカード情報等の情報が窃取されるなどにより、不正使用の被害にあうおそれがあります(クレジットカード情報窃取の手口に関する注意喚起はこちら)。
 JC3では、これらの犯罪被害につながるメールの配信を早期に把握しており、JC3ウェブサイトを通じ、これらのメールが配信される際にその件名や本文等を早期警戒情報として発信しております。

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)サイトより引用しました。

8月送信分のウイルス付きメールのリスト(送信日と件名のみ記載しています)

JC3サイトで、2018年8月8日 10:00に更新された、現在確認されているウイルス付メールのリストです。ウイルス付きメールの具体例(メール文面)についてはJC3サイトでご確認下さい。

緑字はランダムな文字列・数字が入ります(A:英字、X:英字または数字、:数字)

送信年月日 件名(下段:添付ファイル)
2018/08/07 インボイス Re: 進捗
※2018.08.07.xls
2018/08/07 注文書[0000]
注文書_office.xls
2018/08/17 <要返信:FAX>営業○・出荷×
FAX[出荷].xls
2018/08/06 ①お世話になります
②ご確認ください
8月・000000.iqy
2018/07/10 ①写真送付の件
②写真添付
(※).00000.iqy
(※)ユーザー名
①8月・000000.iqy

これらのメールは、犯罪者から送付されたウイルス付メールです。添付ファイルは写真や文書等を装ったマルウェアですので開かないようにしてください

さらに、上記の例以外にも、ウイルス付メールは多数配信されていますので、添付ファイルの開封を促したり、リンク先のサイトの閲覧を促すような不審なメールには十分ご注意ください

ウイルス付メールの具体例はJC3サイトで公開しています

警視庁サイバー犯罪対策プロジェクト「広報・施策」では、『ランサムウェア被害防止対策』情報を公開しています。

関連記事

過去の記事

ページ上部へ戻る