NOTICE診断

NOTICEとは

NOTICEは、総務省、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)及びインターネットプロバイダが連携し、IoT機器へのアクセスによる、サイバー攻撃に悪用されるおそれのある機器の調査及び当該機器の利用者への注意喚起を行う取組です。

NOTICEの実施フロー

【NICT】ポートスキャン調査

それぞれのIPアドレスに係る機器について、ポートが開放されており、ID・パスワードが入力可能であるかどうかの確認をNICTが実施します。

【NICT】特定アクセス行為による調査

ID・パスワードが入力可能なものについて、Miraiなど過去に大規模なサイバー攻撃に用いられたID/パスワードの組み合わせ約600通り(2020年10月時点)を入力し、ログインできるかをNICTが確認します。

NOTICE診断実施

  • NOTICEの診断は、ポートスキャンを実施して調査いたします。
  • NOTICEの診断のポートスキャン及びログイン試行ログが残る可能性があります。

NOTICE診断実施後

エンドユーザ様へHotWeb事務局より注意喚起の案内をする可能性がございます

  1. NOTICE診断後、HotWeb事務局に注意喚起対象情報の報告が届きます。
  2. 対象となったエンドユーザ様へ注意喚起の案内をいたします。
  3. 案内を受けとったエンドユーザ様から、期日までに注意喚起実施の報告をいただきます。
  4. HotWebから上位プロバイダを通してNICTサポートセンターへ注意喚起状況を報告致します。

参考サイト

エンドユーザへ様向け窓口(お問い合わせ先)

名称 NOTICEサポートセンター
問合せ電話番号 0120-769-318(無料・固定電話のみ)
03-4346-3318(有料)
業務時間 10:00~18:00 l※年末年始を除く

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

  • 2015.11.5

    ルルドの洞窟

    トラピスト修道院の脇から約30分ほど徒歩で登ったところに「ルルドの洞窟」がありま…

  • 2015.3.19

    基坂通

    西部地区の中心的な通りの一つ「基坂通」にはかつて役所等さまざまな施設が建てら…

  • 2019.5.27

    初夏の松前城

    土日は全道的に非常に暑かったですが、良い天気だったので松前までドライブしてきまし…

ピックアップ記事

2018.10.19

豊川稲荷神社

ラビスタ函館ベイの近くにある豊川稲荷神社は文久時代に創立してから昭和9年の大火までに4回類焼しており、現在の神社は昭和15年に建てられたもの…

ページ上部へ戻る