日本初の一体型の気象観測システムWeatherBucket「ウェザーバケット」
ウェザーバケット開発・製造元 (株)エスイーシー
  TOP
ウェザーバケットとは?
  概要
  仕様
  製品一覧
  活用事例
  開発方針
  デザインのヒミツ

ユーザサポート
  気象観測開始までの流れ
  困ったときは?
  メンテナンス
  ダウンロード


ウェザーバケットとは?

  仕様

ウェザーバケット本体、特定小電力無線機、気象データ解析ソフトウェア「バケットメイト」の仕様をご紹介しています。
ウェザーバケットの寸法も記載しておりますので、ぜひご覧ください。




ウェザーバケット本体

電源 ソーラーパネル、充電用ニッケル水素電池(単3x12本)。ACアダプタ(オプション)も使用可能。
データ測定間隔 10分間隔で本体内のメモリに自動でデータを記録。(ソフトウェア側では30分/60分間隔でも表示が可能。)
データ蓄積量 約3ヶ月分のデータを蓄積可能(以降は最新データで上書き)。
データ転送方式 内蔵の特定小電力無線機により、サーバPCにデータを転送(サーバPCからの要求により、10分/20分/30分/1時間/2時間に指定された計測間隔にデータを編集して転送。)。独自プロトコル。
また、シリアルケーブル接続による有線でのデータ転送も可能。
無線方式 特定小電力無線(429MHz帯)。本体間の無線中継機能を持つ。

無線チャンネルと周波数の対応については、
こちらをご参考ください。
ウェザーバケット
PDFファイルの閲覧にはAdobe Acrobat Reader(無料)が必要です。お持ちでない方は、下記バナーよりAdobeホームページへ行き、指示に従いインストールしてください。
Adobe Reader


 
センサ精度
項目 単位 計測範囲 分解能 測定精度 備考
気温 ℃(摂氏) -40.0〜60.0 0.1 ±0.5℃以内 誤差精度±0.5℃以内の測定範囲は10.0℃〜40.0℃。
相対湿度 % 0.0〜100.0 0.1 ±2%以内 誤差精度±2%以内の測定範囲は10.0%〜90.0%。
露点温度 ℃(摂氏) -50.0〜50.0 0.1 ±4.0℃以内 気温と相対湿度からソフトウェア処理で算出。
誤差精度は、相対湿度が30%以上の場合の値。
日射量 MJ/m2 0.00〜6.48 0.01 ±10%以内 積算値方式(MJ/m2)※最大値は1時間の積算値
瞬時値表記(kW/m2)は、積算値を計算式で変換して表示。
kW/m2 0.00〜1.80 0.01
降水量 mm 0.0〜200.0mm/h 0.2 ±10%以内 転倒ます方式。
誤差精度は、降水量が50mm/hの場合の値。
気圧 hPa 880.0〜1080.0 0.1 ±5.0hPa以内 誤差精度は、気温が25℃の場合の値。
風速 m/s 0.3〜60.0 0.1 ±10%以内 ハイグレードモデルのみ。超音波測定方式。
平均風速・最大瞬間風速を測定可能。グラフでは0.2m/s以下は無風として0.0m/sを表示。
風向 °(度) 0.0〜359.9 0.1 ±10.0°以内 ハイグレードモデルのみ。超音波測定方式。
平均風向・最大瞬間風速記録時の風向を測定可能。無風時はCALM、または静穏を表示。
16方向 16方向(22.5°刻み) 1方位
地中温度 ℃(摂氏) -40.0〜60.0 0.1 ±1.0℃以内 地中温度測定機能搭載仕様のみ。
誤差精度±1.0℃以内の測定範囲は0.0℃〜40.0℃。





    ※設置用三脚(TA-WL-TRA)はオプション品です。

     

現在販売している商品または製造番号「10206U」以降の寸法です。製造番号「10205U」までの製品をご愛用のお客さまは、こちらの寸法をご参考ください。

【 お客様のご都合により、弊社推奨の設置用三脚(TA-WL-TRA)の使用を希望されない場合 】
お客様が市販のポール等をご用意することでも簡単に設置が可能です。その場合、詳細な寸法図面をご提供いたしますので弊社までお問合わせください。

ページTOP



特定小電力無線機

電源 ACアダプタ(特定小電力無線機に標準添付)または特定小電力無線機携帯用電池BOX(オプション)。
無線方式 特定小電力無線(429MHz帯)。
インターフェース Dsub9ピン シリアル(1台のPCに最大8台まで接続可能)。
特定小電力無線機

ページTOP



気象データ解析ソフトウェア「バケットメイト」

動作環境 コンピュータ本体 PentiumV 450MHz相当以上
メモリ 128MB以上(256MB以上推奨)。
OS Windows 8.1/Windows 7/Windows Vista SP2/Windows XP/ Windows Server 2003
インターフェース Dsub9ピン シリアル
※USBハブを使用して、USB-シリアル変換ケーブルにてCOMポートを増設する方法も可能。
主要機能 観測データ収集機能、各種設定機能、保守機能、グラフ表示機能、気象値予測機能。
データ保存形式 CSV方式(日次ファイル:10分/30分/60分刻み、月次ファイル:1時間刻み、年次ファイル:1日刻み)。
 ネットワーク接続台数が増えた場合は、より高性能なPCを使用することを推奨します。

ページTOP



本製品に関する注意事項
・本製品は、気象業務法に基づく気象測器検定を受けていませんので予めご了承ください。人命に直接的、または間接的に関わるシステムなど、高い信頼性が要求される用途には使用しないでください。
・本製品は、日本国内でのみ使用されることを前提に設計、製造されており、日本国外での保守、または技術サポートを行っておりません。
・本製品のうち、外国為替および外国貿易法の規定により戦略物資など(または役務)に該当するものについては、日本国外への輸出に際して、日本国政府の輸出許可(または役務取引許可)が必要です。
※注意事項に関しまして不明点などございましたら、お問い合わせください。

※本ホームページに掲載の内容は、予告無く変更する場合がございます。予めご了承ください。
※Windows(R)は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標、または商標です。
※WeatherBucket(R)は、株式会社エスイーシー及び有限会社アグリウエザーの登録商標です。
Copyright(c) 2003-2014 SEC Corporation. All Rights Reserved