上ノ国町立滝沢学校 本文へジャンプ
教育目標 

滝沢小学校教育目標
ともに生きる力を育むことを目指し、豊かな心をもち、自ら学び自ら考える力を育み、未来を拓く主体性のある子どもを育てる。
あかるく かしこく たくましく
○思いやりのある 心豊かな子           (徳) 
○自分の力で考え 工夫し 進んで学ぶ子    (知)
○よろこんで活動し ねばり強くやりぬく子(体)・(意)
今年度の重点
一人一人に応じた指導の充実
【めざす学校像】
○児童一人一人が「自分にもやれる」と自信を持って、がんばる力を発揮できる学校
○保護者・地域から信頼され、児童の成長を共に喜び合える学校
○情熱と使命感を持った教師集団による協力・協調・連携を軸とした学校
【めざす子ども像】
○基礎学力を身につけた子ども
○健康な体と基本的生活習慣を身につけた子ども
○粘り強く課題に取り組む子ども
【めざす教師像】
○情熱や使命感を持つ教師
○専門家としての力量を備えた教師
○経営参画意識が高く、協働できる教師

重点1 確かな学力の確実な定着に努める
(1) 子ども一人一人の学ぶ意欲と基礎的・基本的な学力の確実な習得を図る授業の  改善
 @ 学力向上に向けた適切な教育課程の編成・実施と評価。マネジメントサイ  クル(PDCA)を活用した改善

 A  読書による読解力と豊かな心の育成 

 B 朝学習や朝読書の有効的活動 

 C 活用力・思考力・表現力等を育成する言語活動の充実

 D ユニバーサルデザインの視点を生かした学級づくりや授業づくり
 E 地域の人材活用、体験的・問題解決的な学習を取り入れた創意ある授業

 F 放課後の時間を活用した補充学習の充実
 G 「家庭学習の手引き」の有効活用と、家庭の協力を得た学習習慣の確立

(2) 教職員の資質や能力の向上

 @ 学校で統一した学習規律や指導スタンスの共有化と徹底
 A 
校内研修及び校外研修の充実による専門性の向上
 B 
全員による授業公開と研究協議による授業改善


重点2 健康な体づくりと基本的な生活習慣の定着に努める
(1) たくましい体の育成
  @ 新体力テストの結果を踏まえた授業改善
  A 体育の時間、運動会、なわとび大会、マラソン大会等に向けた計画的な体力づく   りの推進
  B 保護者と連携した「歩いて登校する」ことの推奨

(2) 基本的な生活習慣の確立
  @ 電子メディアに触れる時間について、子どもが自ら振り返る指導の工夫
  A 「生活習慣調査」の実施や「生活リズムチェックシート」等の活用と、  家庭と連携した「早寝早起き朝ご飯」運動の推進
 B 食育の指導等を通しての、健康に関する意識や態度の育成
(3) 豊かな心や思いやりの心を育む指導の充実
  @ あいさつや返事の徹底
 
A特別の教科道徳」の改訂に対応した道徳の時間の改善と充実
 B
「学校いじめ防止基本方針」等を活用したいじめ防止の取組の推進
重点3 地域との連携や開かれ信頼される学校づくり

(1) 地域との連携

@ 学校を核とした地域との連携の場の整理と充実

(2) 教育活動の公開と的確な情報の提供と説明
 @ 
地域や保護者への積極的な情報発信
 A  読みやすくわかりやすい「通信」の工夫


重点4 特別支援教育の充実

(1) 一貫した支援を目指した特別支援教育の推進

 @ 子どものニーズに応じた特別支援教育の充実と学級への援助
 A 必要に応じた「フェイスシート」・「個別の教育支援計画(檜山モデル)」  の活用と、学校・保護者間の情報の共有。家庭と連携した指導

 B 関係機関との連携

(2) 特別支援教育に関わるさらなる専門性の向上
 @ 「校内研修プログラム」に基づく、特別支援教育に関する校内研修の充実