戻る 進む

 対象症例 148例のうち男性は57例、女性は91例でした。図に活動性炎症と後遺障害によるめまいの年齢分布を示しました。どちらも60歳台にピークをもつもので一般のめまい疾患と大差ありませんが、活動性炎症、とくに急性中耳炎や滲出性中耳炎によるものは若年層にもみられました。最年少は6歳の滲出性中耳炎症例でした。7歳、8歳の急性中耳炎症例もみられました。
トップページへ