戻る 進む

 急性中耳炎に伴って感音難聴をきたす原因としては上記のようなことが言われています。
今回の症例では中耳粘膜の浮腫・肥厚が高度であったことから、肉芽増生によるアブミ骨可動制限も考えられますが、どちらかというと、中耳炎の内耳波及、すなわち、炎症による2次産物が卵円窓あるいは正円窓を経由して外リンパ組成に影響を与え、骨導聴力の低下をきたしたものと考えたいと思います。
トップページへ