戻る 進む

 初診時、右鼓膜は暗赤色に膨隆し、下象限から漿液性耳漏を認めました。穿孔は明確ではありませんでした。
聴力像は高度の混合難聴を示し、右気導聴力は71dB、右骨導聴力は50dBでした。
トップページへ