耳鼻咽喉科の外来でよくみかける、医者の小道具について簡単に紹介します。

ごぞんじの道具で額帯鏡(がくたいきょう)です。昔は医者の小道具の代表格でしたが、最近では耳鼻咽喉科医しか使いません。電灯のあかりをこの反射鏡に反射させて狭いところを照らします。医者は反射鏡の真ん中の小さな穴から患部をのぞきます。
顎帯鏡に変わって主流になりつつあるのがこれ、クリニカライトといいます。そばに電灯がいらなく、直接光源から明かりをとります。どんな狭いところも明るく見えて便利です。ただし、うしろのケーブルがちょっと邪魔で、医者の動きが制限されます。
これは耳の穴をのぞく道具で耳鏡(じきょう)です。どんなに狭く曲がった耳の中もこれで観察できます。その人の耳の穴にあった太さを選び、形も数種類あります。
これは拡大耳鏡といいます。上の耳鏡とちょっと違って、見るほうに凸レンズがついていて鼓膜などが大きくみえます。レンズがあるために、耳鏡をとおしての処置はできません。横についているゴム球は鼓膜の動きを簡単に調べるためのものです。
これは直視耳鏡といいます。ピストル型の柄のところには乾電池が入っていて、他から光源をとる必要がありません。また、みるところには凸レンズが半分ついており、あとの半分を利用して簡単な処置ができるようになっています。携帯に便利で、往診や集団検診にも利用価値が高い、優れものです。
これは鼻の穴をのぞく道具で鼻鏡(びきょう)とよびます。これで鼻の穴を拡げて奥をのぞきこみます。耳や喉の訴えできたのに何で鼻の中を見るのだろうと怪訝な顔をする人もいますが、耳、鼻、のどはお互いに関連があり、耳鼻咽喉科と呼ばれる所以です。
これは舌圧子(ぜつあつし)と呼んで、これで舌をぐっと押し下げると、扁桃やのどのつきあたりが良く見えます。いくつかのタイプがありますが、耳鼻咽喉科医はごらんのようながっしりしたタイプを用います。
これは後鼻鏡(こうびきょう)といって、舌圧子で押し下げた口の奥にいれて、鼻を後ろからみる道具です。使用に若干の熟練を要します。
これは喉頭鏡(こうとうきょう)という道具です。上の後鼻鏡とは鏡の大きさが違うだけです。この道具を使うには、まず舌を出して貰い、その舌を引っ張りながら”え−−”と声をだしてもらっているあいだに、この鏡をのどちんこのあたりに置くと、鏡に喉頭が写って見えるという代物です。
これは耳垢鉗子(じこうかんし)といいます。先端がピンセットのように開いたり閉じたりします。耳鼻科医は一般の耳あか取りは使いません。これで周りをあまりさわらないように、痛がらせないようにとるのがコツです。耳あかを上手に取れるようになると耳鼻科医としても一人前です。
これは耳洗水銃(じせんすいじゅう)といいます。いわゆる水鉄砲です。耳あかがびっしり詰まっているときに、耳あかを軟らかくする薬を入れて、さらにこれで洗い出します。虫などの外耳道の異物の時にも使うことがあります。
これはポリツェル球といいます。子供の滲出性中耳炎や耳管狭窄症のときに、子供に”ガッコウ”とか”ハック”と言わせたり、あるいは水をゴックンと飲ませたりした瞬間に、これで鼻の穴から中耳に風を送り、治療に役立てます。
これはフレンツェル眼鏡といいます。めまい患者さんの眼の動きをこれで観察し、診断に役立てます。内科の医者でいえば聴診器のようなもので、めまい専門医はいつも手元に置いて診療しています。
これは鼓膜鏡(こまくきょう)です。太さは3ミリくらいの内視鏡で、主に鼓膜やその奥の中耳など、細かなところをのぞくことができます。これよりもっと細い針状鏡(しんじょうきょう)というのもあります。
これは鼻咽腔ファイバーといい、鼻、喉などをみる内視鏡です。先が自由に曲がるので、隠れたところにある病気も見つけてしまいます。胃カメラと同じ原理ですが、細くこぶりにできています。耳鼻咽喉科の内視鏡にはこの他にもたくさんの種類があります。

トップページへ