戻る 進む

 患者さんの数は徐々に増加し、この3年間はコンスタントに年間600人前後を維持しています。
これを全体の新患数との割合でみますと、平成5年は約9%であったものが、14年には35%に増加しています。
これは「めまい」は耳鼻咽喉科が診るものだということが一般の人にも定着してきた証拠だと思います。

トップページへ