( Inner Ear Disorders from Chronic Otitis Media )

1.疾患概念
 内耳骨包は強固なので、中耳の炎症が内耳に波及するには、正円・卵円両窓を経由するか、中耳真珠腫により骨包が破壊されるかの何れかによる。正円窓膜は薄く、炎症波及の多くはここを経由すると考えられ、検査を精密にすれば、一般に考えられているよりもその頻度は高いことが分っている。
 中耳に炎症があって、めまい、耳なりなどの訴えがあれば、軽いものでも、内耳波及を考慮におくべきである。

2.病歴からの診断
1)耳なり、難聴、種々の性質・程度のめまいの訴えについて詳細に聴取する。
2)中耳炎の既往、慢性中耳炎、点耳治療、中耳手術の既往について聴取する。
3)中耳真珠腫を疑わせる症状(悪臭ある耳漏など)があれば、真珠腫の内耳侵襲を考慮する。
4)中枢疾患との関連がないことの確認のための問診をする。
1)、2) または1)、3)により中耳炎由来の内耳障害の疑診とする。

3.検査からの診断
1)気導聴力閾値と骨導聴力閾値についての上昇傾向を測定する。気骨導差狭小化の傾向を確認する。
2)平衡機能検査所見としては、迷路性自発眼振の存在、前庭機能検査としては、温度眼振反応の低下、瘻孔症状の有無を判定する。鼓膜穿孔のある中耳炎症例の温度刺激検査には清潔な生食水を用いる。また、真珠腫性中耳炎で、腔への入口の狭いものについては冷したアルコールを用いる。
3)中枢所見の欠如を確認する。中枢所見のあるときには中耳炎ないしめまいとの関連性について検討する。
4)側頭骨のX−PとくにCTが有用。

4.鑑別診断
 中耳炎手術の副損傷としての内耳炎、点耳など経中耳内耳毒による内耳障害、メニエール病など、内耳疾患、中枢性のめまい症などとの鑑別を要する。
 急性中耳炎、慢性中耳炎の存在する場合、他の原因によるめまい症が併存するかいなかの鑑別は困難なことが少なくない。中耳炎にたいする消炎治療、また、慢性中耳炎にたいしては手術治療を行って術後経過を慎重に観察することが診断に役立つことがある。

5.病期の判定
 内耳機能検査、とくに骨導閾値測定、温度眼振反応測定を参考にする。

6.予後判定基準
 内耳機能、すなわち聴覚、前庭機能それぞれについて、現状を正確に把握する。現状より改善は困難である。

7.疾患についての説明
 急性中耳炎からも内耳への波及がある。しかし、抗生物質が有効に使用される今日では、むしろ慢性中耳炎における内耳機能低下の方が臨床上重要である。抗生物質などの点耳治療による内耳障害にも注意する。聴覚検査、とくに純音気導・骨導閾値検査、語音聴力検査の両者、ならびに前庭機能検査、さらに平衡機能検査は必須の検査である。
 中耳真珠腫では、内耳瘻孔形成による内耳侵襲が、しばしば緊急手術を必要とするという点で、臨床上重要である。中耳真珠腫症、また、術後耳の診察にさいしては、常に瘻孔症状の有無を、問診、視診、機能検査などにより確認する必要がある。しかし瘻孔症状の有無は、一般に瘻孔の有無とは一致しない。