耳は外耳、中耳、内耳の三つの部分からできています。

 外耳・中耳 ―音を内耳まで伝えるはたらきをします。
 内耳 ― 中耳からの音を感じとって脳へ音の信号を送ります。
        また、内耳はからだの平衡(バランス)を保つはたらきもしています。


外  耳

外耳は耳介と外耳道からなり、鼓膜が中耳との境界になります。
外耳道は、鼓膜までの長さが大人で約3.5cmの皮膚で被われた管です。
入り口から1cmぐらいまでは短い毛と脂や耳垢を分泌する腺があります。


中  耳
音の伝わり方

中耳は鼓膜の奥にある部屋です。
なかに鼓膜の振動を内耳まで伝える三つの小さな骨(耳小骨−ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)があります。
また、耳管によって上咽頭(鼻の奥にあたる部位)へ連絡しています。

耳管はふだんは閉じていますが、ものを飲みこんだり、あくびをしたときなどに開きます。
これによって、中耳と外部の圧を一定に調節して、音を伝えるのに適した状態に保つようにしています。
また、耳管は中耳内の排出物を外へ排泄するはたらきももっています。



内  耳
内耳の構造

内耳は音を感じとる蝸牛と平衡器官である前庭および半規管に分けられます。
蝸牛は中耳から伝えられた音波を感じとり、それがどのような音であったかを分析して、聴神経(蝸牛神経)を通して脳へ伝えます。

半規管は三つあるので三半規管といわれ、回転加速度で刺激され、頭やからだがどの程度動いたか、またどのように動いたかを感じとります。
前庭には耳石器(卵形嚢、球形嚢)といわれる器官があり、重力、遠心力、直線加速度、頭の位置などの外部からの刺激を感じとります。
からだを何回もぐるぐる回したときにめまいがするのは、三半規管が刺激されたためであり、エレベーターなどで上がったり下りたりする感覚を感じとるのは耳石器です。


トップページへ