戻る 進む

 左図は初診時のオージオグラムで、典型的な低音障害型の感音性難聴です。
右図は最大悪化時と回復時のオージオグラムで、その変動幅は低音部で約50dBです。
この症例は聴力に関しては予後不良でした。
トップページへ