戻る 進む

 左図は初診時のオージオグラムで、特徴的な低音障害型の感音性難聴を示しています。
右図は再悪化時とそれが回復した時のオージオグラムで、その差は低音部で50dBありました。
トップページへ