戻る 進む

 BPPVの年度毎の人口10万人当たりの発症率を求めたものです。
当院の近隣地区(半径2Km圏、人口77,300人)から受診した患者数から計算しました。
年度により差はありますが、10年間の平均では14人でした。
しかし、近年BPPVの患者さんが増えている傾向にあります。
めまい患者さん全体では、この5年間では人口10万人当たりの発症率はおよそ200人で、このうちBPPVの年間発症率はおよそ20人、めまい疾患の約10%ということになります。
トップページへ