最も代表的な内耳が原因しておこるめまいの病気です。
かつて、めまいは脳の充血でおこると考えられていましたが、1861年、フランスの耳鼻咽喉科医であったメニエールが、初めて内耳の障害でもめまいがおこることを発表しました。