更年期障害の際の一つの症状としてめまい、耳鳴り、立ちくらみが出てくることがあります。また、この症状が頑固に続くことも少なくありません。
めまいの原因として、内耳や脳の平衡器官の障害がないかどうかを確認することが肝心です。そのためには耳鼻咽喉科、脳神経外科、神経内科などできちんとした検査を受け、その上で産婦人科で相談されると良いでしょう。

更年期障害の際のめまいは周りがグルグル回ったり、体がグラグラしてまっすぐ歩けないといった強いめまいではなく、何となくフワフワしたり、頭がボーッとしたり、あるいは立ちくらみのようなめまいが主です。



更年期の気になる症状を下の表でチェックしてみてください。合計で50点以上になった方は、一度専門医に受診されることをおすすめします。

更年期チェック表
症  状 症状の程度 点数
1 顔がほてる 10 6 3 0  
2 汗をかきやすい 10 6 3 0  
3 腰や手足が冷えやすい 14 9 5 0  
4 息切れ・動悸がする 12 8 4 0  
5 寝つきが悪い、または眠りが浅い 14 9 5 0  
6 怒りやすく、すぐイライラする 12 8 4 0  
7 くよくよしたり、憂鬱になることがある 7 5 3 0  
8 頭痛、めまい、吐き気がよくある 7 5 3 0  
9 疲れやすい 7 4 2 0  
10 肩こり・腰痛・手足の痛みがある 7 5 3 0  


合計点