脳に行く血管には大きく分けて、内頸動脈系と椎骨動脈系の二つがあります。
このうち、椎骨動脈系の血流量が一時的に減少しておこる病態(一過性虚血発作)を椎骨脳底動脈循環不全といいます。
50歳以上の中高年で、高血圧症、高脂血症がある人は注意が必要です。