戻る 進む

 難聴の型をみると、低音障害型が軽度難聴群では83%、中等度難聴群では60%と多くみられました。
高度難聴群では水平型が最も多く(76%)、ついで高音障害型でした。
トップページへ